長女が「将棋やりたい」というので、将棋セットを買って駒の動かし方を教えて対局はしてみるものの、どう動かせば強くなれるのか、というところまでは教えられない(というか知らない)ので、将棋教室をあたってみた。

1件目のこども将棋教室。

電話応対は良かった。
「一回の体験は無料なので、良いと思ったら入会してみてください」

体験に行ってみたら、いろいろ難有りな教室だと思った。

まず、教室に入ったとたんに、先生と思われる男性が駒の整理をしていた。

「駒がバラバラなもんで、まずは駒の片づけからしようと思って、、、」

駒を仕舞う木箱に、プラスチック駒、木の駒、掘り駒、いろんな駒がバラバラと入っていた。
それを選り分けては仕舞い、選り分けては仕舞い。。。

・・・

なぜ、駒がバラバラに片づけられるんだ?

使ったら手元の木箱に入れるだけだろ・・・。

しかも、それを生徒がやらずになぜ先生が???

・・・

これだけで不信感が募った。

そして待たされる間、どうして良いかわからなくて居心地悪い長女がメソメソし始める。

駒の整理が終わったと思ったら、いきなり中級レベルの小学生低学年くらいの少年と対局。
中級がどのくらいの棋力か知らんが、初心者相手に手加減することが分かってるのかと思いきや、全力でアタックされ撃沈。

「駒の動かし方がわかってるレベルで、どう攻めて良いかもわかってないんですが・・・」

と言って、もう一人いた老人(先生なのか不明)が相手に。
時々どこをどう動かしたらいいのか教えてはくれるものの、それでも勝てず撃沈。
攻め方を知らない長女は容赦なく攻められるので、防戦一方で勝てるわけがない。

その老人とは2回対局しておしまい。

それから誰が相手をしてくれるわけでもなく、誰かが講義してくれるわけでもなく。
しばらく責任者が来るのを待ってみたが、教室開始から1時間半が過ぎても来ない。
もう帰りたいと長女が言うので、静かに帰った。

小学生低学年男児が多くとにかくうるさい教室だった。むやみに動き回るから机は動き、使っていない盤から駒はバラバラと落ち、誰も拾おうとしない。

礼儀とか、作法とか、そういう以前の問題がある教室だな・・・と思った。
ここでお金払ってまで行かせたいと思えなかった。


帰ってからも「もう行きたくない」という長女。
でもせっかく自分からやりたいと言い出したことなので、こんなことで心折れて欲しくなくて、2件目の教室に体験の電話をかけてみた。

そうしたら

「うちは体験イコール入会です。見学や体験のみというのはやっていません。入会されるなら3月分500円と4月からの1年分6000円を用意してください」

・・・

見もしない教室を電話だけで決めろと。しかも1年分払えと。

ありえないわ。。。

そもそも見学もできないとか何故?
入口から少し様子を見せてもらえるだけも良いのに。

「うちはひと月500円ですので、1回でジュース一本分もしないくらいです」
「年に2回プロ講師の講義が受けられます」

と電話でアピールされたが、

だからって「はいはい6500円払いますわ〜」にはならないでしょう。

こどもの将棋教室ってこんな難儀なところばっかりなの?


そんなこんなで3件目をあたってみようと思う。
ここで私が折れてなるものか。

Related Entry
Comment





   

アクセス数

累計 :
今日 :
昨日 :

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM