10年ぶりくらいに映画館で映画を観た気がする。

下の子が3歳になったし、そろそろ母娘で映画館に行けるかな?と、旦那不在の夜に決行。

「ファインディング・ドリー」観てきましたよ。


感想


スケールの大きな海洋類物語

オーストラリアからカリフォルニアに大移動

そこにはやはり、カメのクラッシュ

カリフォルニアの海洋生物研究所のアナウンスが

何故か八代亜紀

ドリーとジンベエザメはLINE友達ならぬパイプ友達

タコがトラックジャックして海へダイブ


親って、

いつまでも子供を信じてあげなきゃいけないなぁ

どれだけ離れても、

子供が帰って来られる場所を作っておいてあげたいなぁ

と思わせられました。

再就職して

初めての給料日

会社で明細を手渡されるのかと思ったら

まさかの郵送

しかも毎月同封されると思われる

シュールなイラスト入りのお便り付き(笑)


給料を貰うって久々の感覚だけど

旦那が頑張ってくれるおかげで

私はこんな少額でも何の文句もない

初めての感覚。

有難い。


あえて文句言うなら

仕事よりも100倍大変だと感じる

家事育児は

完全タダ働きだということか。


仕事してる方が100倍楽だわ。

ホント。

でも

育児は、リアル育成SLG

子供の成長を見るのは楽しい

家事は、健康維持の基本

安く美味い飯が作れた時は嬉しい


忙しくなっても

なんだかんだで

充実中。

幼稚園の長女(年長)の個人懇談にて。

「◯◯ちゃんは、1と5でどっちが大きい?って聞くと、悩んで1と答えます」

と先生が言った。

先生的には、数字の概念が分かりきっていないと言いたかったのだろうけど、

数は数えられる子が、全くわかってないとも思えない。

「どっちが多い?って聞くと、たぶん5って答えると思います」

と言ってみた。

我が家的には、

1位が一番高い所に立って、大きいトロフィーをもらえる、だから1位が一番偉い。

というシーンをたくさん見せてきた。

motoGPとか、フィギュアスケートとか。

うちの子にとって、1という数字は存在が大きいものという認識なんだと思った。

問題の意図が読めていない点はどうかと思うが、

大人の固執した概念を覆すその感性は決して否定するものではないと思った。

先生は誉めたつもりはなかったんだろうけど、

なんだか素直に嬉しかったなぁ(^∇^)


アクセス数

累計 :
今日 :
昨日 :

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM